ブログ更新情報

GUCCI グッチ✨ ブランドの元祖!?!

ご無沙汰しております。今回はGUCCI グッチについてです。

1921年、グッチオ・グッチがフィレンツェで旅行バッグや馬具などの高級革製品店として創業し、そこからグッチの歴史が始まります。グッチオが40歳ぐらいの頃です。そして革製品が人気となりわずか2年後には2店舗目をオープンしました。3人の息子達と一緒に会社を拡大!当時のグッチのお店にはハンドバッグ、靴、そしてグッチの象徴的な装飾が施されたローファー。そして繊細に作られた革のアクセサリーを置いていました。ちなみにグッチのローファーはニューヨークの近代美術館のコレクションの中で唯一の靴として展示されています。

1933年、「GG」ダブルGのモノグラムは品質保証の証としてグッチオのイニシャルを商品に刻印したものです。グッチはこの時世界で初めてデザイナーの名前入り商品を販売したのです。これが「ブランドの元祖」と言われる所以です。この手法は多くの他のブランドに取り入れられています。

その後戦争が始まりイタリアでも牛革は使用が困難になり、素材の調達に苦しむ中、グッチオが苦肉の策で使用したのがコーティングを施したキャンバス地でした。代替え素材とは言え、その高級感あふれる仕上りと配色。これが思わぬ人気を呼びます。また「革を使用しない持ち手」も考案し日本から輸入して造った「竹の持ち手(バンブー)」シリーズの始まりとなり、これが世界中で大流行しました。ロンドン、パリ、ニューヨーク、ロサンゼルス、に店舗を展開。そしてミラノ初の店舗もオープンさせます。この頃に 緑ー赤ー緑 のウェブが会社の象徴となります。息子の一人が映画の小道具にグッチ製品を用いて、それがたちまち女性達の間で人気になり、エリザベス・テーラー、ジャンクリーヌ・ケネディ、オードリー・ヘップバーンなどの世界のセレブリティ達の御用達となり、愛されていきます。がその後一族の経営が終わりを迎えます。

近年では2名のデザイナーにより再び人気が!1990年、トム・フォードがグッチのデザイナーとして就職。ロックスタイルなデザインで世界の歌姫であるマドンナなどが愛用し、世界中のセレブがこぞって着用し一気に話題が広まり成功、秘訣はその広告戦略にもありました。トム・フォードが店舗デザイン、広告、販売員の服装などを全て指示し統一感を持たせ「グッチはロックなスタイル」と言われるまで時間がかからず一気に一般層まで広まり、このスタイルはフォードスタイルと呼ばれるように。その代表的なアイテムが革ジャンです。攻めに攻めたアイテムが多く、これらのアイテムは幻の名作とも言われ数十年経った今でも数万円で取引されています。

2002年、アレッサンドロ・ミケーレが就任。イタリア出身で過去には世界で最も影響力のある一人に選ばれ、グッチブランドイメージを定着させた人です。アレッサンドロ・ミケーレが提案したのがアメカジスタイルです。猛反対の声が寄せられたのですが結果アメカジスタイルは人気となり、現代のグッチのスタイルに定着しました。最も人気なアイテムは日本の刺繡を使用したスカジャンです。このスカジャンを出したことによりルイヴィトンなどハイブランドと差別化をすることができ、また既存のグッチ好きな顧客だけじゃなく、グッチに興味がない人間にまでアプローチをかけることに成功。クラシカルなスタイルをも復活させました。オールドグッチと呼ばれるスタイルです。色がどぎつくデザインが古臭く、ダサいデザインのTシャツ。これをASAP・Rockyが愛用し、インターネットで拡散。当日完売となりました。日本では三代目jsoul brothersの今市隆二さんがオールドグッチのTシャツを愛用して若い人に人気が出ました。

日本ではスカジャンはあまり有名にはなりませんでしたが、クラシカルなオールドグッチは人気で今でも愛用している人が多くいます。アレッサンドロ・ミケーレはまだまだ現役のデザイナーですのでこれからの活躍に期待です。

後半はデザイナーに注目してしまいましたが、攻めに攻めたグッチ!オールドグッチ!どちらにもひかれます✨

ここからは当店のお得情報です。良かったら読んでください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

質の七つ屋 平塚店

『質預かり』『高価買取』『その他サービス』『万何でも相談』『質流れ品の販売』などを行っています。

平塚、茅ヶ崎、大磯、国府津、小田原、厚木、その他、神奈川県を中心に全国対応。

貴金属・金製品・プラチナ製品・ロレックス・オメガ・ブライトリング・パネライ・セイコー・カシオ・シャネル・ルイヴィトン・エルメス・グッチ・デジタルカメラ・パソコン・家電製品・AV機器・時計・ブランド品・商品券・切手類・各種チケット・バック、小物類・中古品売買相談・余剰在庫の換金・お悩み相談等々、大歓迎です。

質の七つ屋は独立開業希望者を募集しております。質屋と言う700年以上続くビジネスで開業しませんか?

個人、法人、問わず大歓迎です。随時、資料送付及び説明会を行います。希望者は当店までご連絡ください。

質の七つ屋 平塚店
東海道線平塚駅【平塚駅西口徒歩8分】
〒254-0045
神奈川県平塚市見附町17-15
TEL.0463-79-9342
E-Mail info@7tsuya.hiratuka.jp
https://7tsuya-hiratsuka.jp

-ブログ更新情報

© 2021 質の七つ屋平塚店